ウズベキスタンに陸路で入国する方法について検討してみた-トルクメニスタン編

昔はウズベキスタンに陸路で入国するのは大変なことだったみたいです。

バッグを開けられ、全ての荷物を調査されたり、面倒な入国書類を書かなくてはいけなかったり…。

しかし、2016年の政権交代の影響を受け、2018年に入ってから、徐々にそうした手続きもなくなりつつあるようです。

ウズベキスタンに陸路入国できる場所を調べたので、ここではトルクメニスタンからの入国ゲートについてまとめます。

※国境ゲートの状況は常に変わっていますので、最新の状況は大使館などで確認するか、自己責任でお願いします。

国境ゲート全体マップ

ここから下では、地図上の各ゲートについて詳しく説明します。

1.ホジェリ

ウズベキスタン南西部のトルクメニスタンとの国境ゲートです。

ウズベキスタンのホジェリとトルクメニスタンのクフナ・ウルゲンチを結んでいます。

こちらは電車はなく車のみです。

国際バスがあるかどうか探しましたが、見つかりませんでした。

ここの国境を越える人は、だいたいシェアタクシーかヒッチハイクをしているようです。

なお、トルクメニスタン→ウズベキスタンの越境は比較的手続きもスムーズに済むようですが、ウズベキスタン→トルクメニスタンの場合は、トルクメニスタンへの入国手続にかなり時間がかかるようですので、時間に余裕を持った移動をおすすめします。

なおこれは、他のトルクメニスタンとの国境も同様です。

2.シャヴァト

ウズベキスタン中南部にあるゲートです。

ウズベキスタンのシャヴァトとトルクメニスタンのタシャウスを結んでいます。

両国の間には緩衝地帯があり、通常はシャトルバス(運賃は1$)が通っているようです。

しかし、客が少なかったりする日は運行しないとの噂もあります…。

その場合は1kmほどの緩衝地帯を歩いて渡らなければならないようです。

多くの人はシェアタクシーを使い、緩衝地帯のみシャトルバスを利用しているようですが、

タシャウスからの直通バスもあるとの噂です。

(出発場所はタシャウスのバザールみたいです。)

3.ギャゾジャック

地図上では道が通っていますが、全く情報がないゲートです。

今度現地に行って、調査してこようと思います。

4.ファラップ

ウズベキスタンのブハラ近くの国境ゲートで、トルクメニスタンと接しています。

こちらもシャヴァトの国境と同様、トルクメナバートなどの街からタクシーを使ってトルクメニスタンの出国ゲートまで行き、緩衝地帯を歩いて、ウズベキスタン側で再度シェアタクシーでブハラなどの街に行くという方法が一般的のようです。

5.タリマルジャン

現在、こちらの国境はウズベキスタンとトルクメニスタンの国民しか、出入りできないようです。

ここの越境を考える人は、代わりにファラップの国境を使うことを検討してみてはいかがでしょうか。

6.カーポボ

こちらも謎の国境です。

ネット上に全く情報がないため、外国人は使えない可能性が高いです。

現地に行って調査してきます。

まとめ

国境ゲートの数が多いため、今回はトルクメニスタンとの国境のみをまとめました。

ぜひ旅の参考にしてください。

こうしてみると、バスがなかったり、緩衝地帯のみわざわざバスを使わなくてはならなかったりする、めんどくさいゲートが多いですね。

他の国との国境は、次回以降でまとめたいと思います。